葉酸をランチで摂る大変さというコスト

言うまでもなく、栄養剤は栄養剤であり、養分は献立から摂取するのが初めとなります。

 

これは、葉酸においても同じです。葉酸も、出来るならばほうれん草やレバーなど食べ物から摂取するのが頂点となるわけです。

 

ただし、それにも関わらず、厚生労働省は妊活まん中の女性、懐妊まん中の女性に対して、栄養剤を通じての葉酸の取り入れをおすすめしています。

 

何故、わざわざ栄養剤なのでしょうか。そのレスは簡単で、献立から必須体積の葉酸を日常的に摂取するのは無理がともない、テクニカルではないからだ。

 

アダルト女性のダブルの葉酸

まるで、妊活まん中の女性、懐妊まん中の女性は、同年代の女性が1日で摂取する体積の葉酸のダブルの体積が必要となります。

 

体積で言うと、1日に0.4mgだ。ほうれん草一束に多分0.4mgの葉酸が配合されているとされていますね。こういう体積を、懐妊の1ヵ月前から懐妊後者3ヵ月前まで欠かさずに食べるのは大変です。

 

クッキングでの損を考える

さらに注意しなければいけないことは、葉酸のクッキングにおける損を考慮するということです。たとえば、ほうれん草は生のままで食べるのはあんまり一般的ではないですよね。

 

サラダなどを除くと、ゆでたり炒めたりすると思います。こういうクッキングの通りによって、ビタミンの一種である葉酸は損してしまいます。

 

5当たり茹でると、はなはだ配合されている葉酸の60%が損してしまうとのことです。ほうれん草一束の葉酸は0.4mgとなっていましたが、これを茹でてしまうと、葉酸は0.16mgとなってしまうわけです。再び多くの体積を食べなければいけないわけです。

 

消化理解での損を考える

再度クッキングの損に加えて、葉酸は消化理解においても損がおきます。食べ物から摂取する葉酸は、ポリグルタミン酸機種葉酸というものです。

 

こういう機種の葉酸は、本当に体内に染み透るのは口にしたうちの半数ほどとのことです。残りの半数の葉酸は、消化理解のプロセスで失われてしまうわけです。

 

茹でたほうれん草一束の葉酸は、0.16mgでした。こういう一種、本当に体に染み透る葉酸は、0.08mgとなるわけです。

 

茹でたほうれん草で葉酸0.4mgをまかなうには

以上のことを指し、茹でたほうれん草で妊活まん中及び懐妊まん中の女性に必要な葉酸を補うことを考えてみましょう。

 

茹でたときの損という消化理解の通りにおける損を考えるという、ほうれん草一束でいただける葉酸は0.08mgとなります。

 

これを0.4mg当たり採り入れるわけですから、茹でたほうれん草5束当たりとなります。

 

こういう体積を、いかなる体調の時でも、懐妊程度の4ヵ月ほど続けなくてはいけないわけです。これはきついものがありますね。だからこそ、栄養剤の実行が求められるのです。

 

葉酸サプリホームへ